このページでは僕の作品のようなものを紹介します。

崩食社会を修復するむらとまちの「もやい直し」

現代日本人の食

 主体・客体の脱構築から、食の哲学を試みる

 現代人の食意識


 問われる大学の自足性・閉鎖性

 創意工夫

 体験の意味

 大いなる幻想

 戦争と人権

 容器としての図書館の終焉

 「水の都」は復活するか?

 自己理解と媒介の不在

 トマトと人間

 看護について

 最初のページに戻る