[ 上へ ] [ 97年度 ] [ 98年度 ] [ 98年度修士 ] [ 99年度 ] [ 99年度修士 ] [ 2000年度 ] [ 2001年度 ]

1998年度 卒業論文

提出日   1999年1月21日                      

  戦後日本経済の流れと21世紀の展望

            
児玉考
                     (25枚)

電子マネーが金融機関に与える影響

           笹川敦広
                     (54枚)
第1章電子マネーとは
第2章電子マネー普及にあたっての課題
第3章電子マネーが金融機関に与えるダメージ
第4章電子マネー導入時代に金融機関が取りうる戦略
第5章おわりに

日本経済の発展上諸要因

        唐 新宇
                    (48枚)

I産業構造の高度化
II産業の高度化と経済のサービス化
III農林水産業
IV国土の資源、エネルギー開発
V地域開発と環境の保全


中央銀行と金融政策

      増井涼太
                     (51枚)

1.中央銀行の独立性の根拠
2.独立性の次元
3.日本銀行
4.まとめ


規制緩和の経済学

      吉田高基
                     (54枚)

1.規制緩和の原理
2.規制と政府介入の根拠
3.規制緩和の要因と成果
4.規制緩和を促す経済的背景
5.規制がもたらす内外価格差
6.流通業の規制緩和とその効果
7.金融の規制緩和
8.規制破壊
9.まとめ

リスクの管理と公的政策

      平田玲一
                     (51枚)
はじめに
1.銀行の機能とリスク
2.リスク管理の手法
3.金融システムの安定性の意味
4.金融システムの安定性維持のための方策
5.銀行監督・規制の国際的調和
おわりに

現代の銀行業務

    杉田佳之
                 (54枚)
第1節 銀行業務の種類
第2節 金業務
第3節 貸出業務
第4節 為替業務
第5節 証券業務
第6節 国際業務

ホーム